メキシコ観光情報まとめ

メキシコ観光情報まとめ

メキシコ観光情報カテゴリがかなり増えてきたのでまとめページを作成してみました。

州ごとにまとめています。私自身がレオン市在住のため、グアナファト州の情報が最も多いです。

メキシコが広すぎるため開拓していない地方も多いですが、今後もまだまだ増えていく予定。

グアナファト州

グアナファト

グアナファト州の州都。街全体が世界遺産になっているコロニアル都市でカラフルな街並みが特徴。ケーブルカーに乗って行けるピピラの丘からの景色は昼・夕方・夜…いつ見ても素敵です。ぶらぶらと街歩きするのが楽しい場所。

毎年10月に開催される、音楽・芸術のお祭り「国際セルバンテス祭」(Festival Internacional Cervantino)が有名。

グアナファト

▼グアナファトの観光情報はこちら

サン・ミゲル・デ・アジェンデ

グアナファト州のコロニアル都市。北にあるアトトニルコという街と併せて世界遺産に認定されています。街の中心部にあるパロキア教会はまるでお城のように美しいです。

ピンク、イエロー、オレンジといった暖色系で統一された街並みはカラフルなグアナファトとはまた違った雰囲気。中心部には洗練されたおしゃれなカフェや雑貨屋がとても多いです。

パロキア教会

▼サン・ミゲル・デ・アジェンデの観光情報はこちら

 

ドローレス・イダルゴ

グアナファト州にある小さな街ですが、メキシコ独立の歴史を語る上ではとても重要な拠点。1810年9月16日ミゲル・イダルゴ神父がこの地で演説をしたことをきっかけに独立革命が始まりました。

のんびりとした田舎街ですが、プエブロ・マヒコに選出されているのでセントロあたりは少し観光地化されているかなーという印象。この街を訪れた際にはぜひ名物のアイスを食べてみてください。

ドローレス・イダルゴ

▼関連記事

 

ケレタロ州

ケレタロ

ケレタロ州の州都。中心部の歴史地区は世界遺産に認定されています。ケレタロで一番有名な建造物といえば、水道橋。夜にはライトアップされている様子を見ることができます。

水道橋

▼関連記事

 

ベルナル

プエブロ・マヒコに選出されている小さな街。ここには世界で3番目に大きい一枚岩「ペニャ・デ・ベルナル」があり、運動しやすい服装で行けば途中まで登ることができます。遠くから見てもかなり大きいので、そのサイズ感に圧倒されること間違いなし!

メキシコの中ではかなり有名なパワースポットだそうです。

ペニャ・デ・ベルナル

▼関連記事

 

テキスキアパン

ケレタロ市から車で1時間ほど行ったところにある、プエブロ・マヒコに選出されているこじんまりとした街。ピンクの教会がかわいい。近隣にはワイナリーが多く、ワインとチーズが有名です。

教会

▼関連記事

 

アグアスカリエンテス州

サン・ホセ・デ・グラシア

アグアスカリエンテス市から車で1時間ほどのところにある、カジェス湖岸の街。ここからさらにボートで10分程度の島に右腕右脚の欠けた巨大なキリスト像(Santuario del Cristo Roto)があります。

見どころはただそれだけなので旅行者がわざわざ行く場所ではなさそうですが、近隣に住んでいる方がぶらっと休みの日に出かけるのにはおすすめ。

Cristo Roto

▼関連記事

ハリスコ州

グアダラハラ

グアダラハラはハリスコ州の州都であり、メキシコ第2の都市。歴史地区には世界遺産になったオスピシオ・カバーニャスがあります。

また、グアダラハラにはメキシコで最も大きい動物園があります。サファリゾーンへ行ったりリフトから動物たちの様子を眺めたりなど、一日中楽しめるスポットです。

オスピシオ・カバーニャス

▼関連記事

トラケパケ

マリアッチ発祥の地として有名なトラケパケ。民芸品がたくさん売っていることでも有名で、他の観光地で購入するよりもトラケパケのほうが安く販売されているんだとか。中心部にあるインデペンデンシア通りにはおしゃれなお店が軒を連ねています。

街のいたるところにはアートなオブジェがあったりとインスタ映えするスポットがたくさん!雑貨と写真が好きな人にはたまらない街です。

トラケパケ

▼関連記事

テキーラ

グアダラハラからツアーが多く出ている有名な観光地。交通手段は車・バスの他にホセ・クエルボ社の「テキーラエクスプレス」という観光列車に乗るという方法もあります。

各テキーラメーカーでは工場見学を実施しており、テキーラの歴史を学んだりテキーラの試飲をすることができます。

Cofradiaというテキーラ蒸留所が経営する樽型ブティックホテル「Matices Hotel de Barricas」はとってもフォトジェニック。お酒が弱くてテキーラは飲めない…という方でもここには一度泊まってみたくなるのでは?

Matices Hotel de Barricas

▼関連記事

 

テウチトラン

テキーラ村の南側にある街。ここには世界遺産「テキーラの古い産業施設群とリュウゼツランの景観」の一部であるグアチモントネス遺跡があります。珍しい円形ピラミッドが見られますがこれだけなので、テキーラ村からの帰りに少し立ち寄る程度がちょうどいいです。

グアチモントネス遺跡

▼関連記事

 

サカテカス州

サカテカス

16世紀にスペイン人によって銀鉱山の開発が行われ、メキシコ有数の鉱山都市として発展していった街。エデン鉱坑(Mina el Eden)では鉱山の内部に入ることができるツアーがあります。歴史地区は世界遺産に認定されています。全体的に薄いピンク色の建物が多く、「ピンクシティ」とも呼ばれています。

ブーファの丘へはロープウェイが通っており、サカテカス歴史地区を空から見下ろすことができます。(※私が行ったときはロープウェイ整備中で乗れませんでしたが、2020年2月現在は運行しているそうです。最近行かれた方から聞きました)

歴史地区

▼サカテカスの観光情報はこちら

 

イダルゴ州

パチューカ

イダルゴ州の州都。日本人の間では、本田圭佑選手が1年間在籍したサッカーチームがあることでよく知られています。

他には、元々スラムだった街の建物をカラフルに塗ったら治安が改善したというパルミタス地区が有名で、今もカラフルな街並みを見ることができます。

Palmitas地区

▼関連記事

 

ウアスカ・デ・オカンポ

パチューカから車で1時間程度、山道を越えたところにあるエリア。この辺り一帯はとても自然豊か。Prismas Basálticosという大自然がつくりだした柱状の玄武岩が並ぶ不思議な光景が見られます。

また、マス養殖場「El Bosque de las Truchas」では釣りやボートなどのアクティビティを楽しむことができます。マス料理が名物のレストランでランチをするのがおすすめ。

Prismas Basalticos

▼関連記事

 

トゥーラ

トゥーラは小さな街ですが、ここにはトルテカ文明の遺跡があります。トゥーラ遺跡にはピラミッドが残っており、その頂上に立つのは巨大な戦士像。ただし、戦士像の一部はメキシコシティの国立人類学博物館に展示されているため半分はレプリカ。

トゥーラ遺跡

▼関連記事

 

サン・ルイス・ポトシ州

サン・ルイス・ポトシ

サン・ルイス・ポトシ州の州都。どちらかというとサン・ルイス・ポトシ州はウアステカなどの自然の観光資源のほうが有名な印象ですが、市内にある元刑務所を活用して作られたまるで要塞のような「Arts Center of San Luis Potosi Centenario」や柱サボテンの迷路がある「Museo Laberinto」といったユニークな美術館・博物館はなかなか見ごたえがあり面白いです。

Arts Center of San Luis Potosi Centenario

▼サン・ルイス・ポトシの観光情報はこちら

プエブラ州

プエブラ

プエブラ州の州都。歴史地区と近隣の街・チョルーラが世界遺産に認定されています。プエブラの歴史地区にある教会は装飾がとにかく過多で派手なのが特徴的でウルトラバロックとも呼ばれています。

タラベラ焼がとても有名で街のいたるところで販売されています。休日になると民芸品を販売する露店があちこちで出店され、まさにお買い物天国!プエブラでしか買えない芋菓子・カモーテは芋ようかんのような味で、日本人にもメキシコ人にも人気。

カテドラル

▼プエブラの観光情報はこちら

チョルーラ

かつてはテオティワカン遺跡よりも巨大だったというチョルーラ遺跡がある街。土台だけならエジプト・クフ王のピラミッドよりも大きかったというのだから驚き!

スペイン人の侵略により先住民の神殿は破壊され、その上に教会を建てたため現在はただ丘の上に教会が建っているようにしか見えませんが、土台部分のピラミッドには入ることができます。

チョルーラ遺跡

▼関連記事

ミチョアカン州

モレリア

ミチョアカン州の州都。歴史地区は世界遺産に認定されています。ここには植民地時代の名残のある建造物が多く残されており、他のメキシコの都市に比べるとヨーロッパに近い街並み。歴史地区の中心部にあるカテドラルはとても美しく、なかなかの迫力。カテドラルから1kmほど東へ行った場所には水道橋があります。

モレリア歴史地区

▼関連記事

 

ハニツィオ

パツクアロ湖に浮かぶ島。パツクアロの渡船場からボートに乗って30分で行くことができます。

ここには先住民のタラスカ族が多く住んでおり、伝統的な死者の日の様子が見られることで有名。ピクサーの映画「リメンバー・ミー」のモデル地のひとつにもなった場所です。

ハニツィオ

▼関連記事

アンガンゲオ

ミチョアカン州の山深い場所にあるアンガンゲオ村には毎年カナダからはるばる、何億匹ものモナルカ蝶(オオカバマダラ)という蝶がやってきます。このオオカバマダラ生物圏保護区は世界遺産に認定されています。

毎年11月~3月までの期間、沢山のモナルカ蝶が飛んでいる様子を見ることができます。

モナルカ蝶

▼関連記事

キンタナ・ロー州

カンクン

カリブ海沿いにあるメキシコで最も人気の観光都市。ホテルゾーンには多くのオールインクルーシブホテルが立ち並び、新婚旅行先としても人気。マリンアクティビティをしたりビーチでのんびりする以外に、近隣の遺跡やセノーテを観光するといった楽しみ方ができます。

ドルフィンビーチ

▼カンクンの観光情報はこちら

プラヤ・デル・カルメン

カンクンから南へ車で1時間程度のところにある街。コスメル島へのフェリーはここから発着しています。

歩行者天国となっている5番通りにはお土産屋さんやレストラン・カフェがたくさんあり、いつも賑やかな雰囲気。

プラヤデルカルメン

▼プラヤ・デル・カルメンの観光情報はこちら

トゥルム

プラヤ・デル・カルメンからさらに南にある街。トゥルム遺跡は泳げるビーチがある遺跡として人気。遺跡内ではイグアナとのエンカウント率が高いです。また、トゥルムにはグランセノーテやセノーテ・ドス・オホスといった有名セノーテがあります。

トゥルム遺跡

▼関連記事

ユカタン州

ラス・コロラダス

ラス・コロラダスは小さな村ですが、ここには最近人気急上昇中のピンクラグーンがあります。ピンク色の海に見えるのは実は塩田。水中にいるプランクトンの影響でこんな鮮やかなピンク色になるんだそうです。

自力でバスなどを乗り継いで行くのはかなり難しいため、ツアーに参加して行くのがおすすめ。

ピンクラグーン

▼関連記事

 


にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ

にほんブログ村