ドローレス・イダルゴ

ドローレス・イダルゴ その他グアナファト州
スポンサーリンク

ドローレス・イダルゴ

グアナファト州にある街ドローレス・イダルゴ。ここはかなり小さな街ですが、メキシコの独立の歴史を語る上ではあまりにも重要かつ有名すぎる街。プエブロ・マヒコにも選出されています。

1810年9月16日、ここでミゲル・イダルゴ神父が「ドローレスの叫び」という演説を行ったことをきっかけにメキシコ独立革命が始まったとされており、メキシコでは9月15日の夜から大統領がメキシコシティの国立宮殿で演説の再演を行うのが毎年の行事となっています。

ドローレス・イダルゴの方角に向かって「Viva México!!」と叫ぶんだってメキシコ人の友人が言っていたかな。とにかくこの日は、メキシコ人は大盛り上がりするとっても重要な日なのです。

ここ数年9月15日はずっと週末だったんですけど、2020年は週のど真ん中・火曜日ですね。今年はどうなるんだろ?

レオンからドローレス・イダルゴへの道

レオンからドローレス・イダルゴへ行こうとした場合、Google Mapsで検索するとルートが3パターンくらい出てきます。

道によっては治安が悪いという情報もあり…どのルートで行くかかなり悩んだのですが、一番走行距離が短いグアナファト市経由の道を選択しました。バレンシアナという小さな村を通り過ぎてからはずっと山道。途中ガードレールがない場所もあるのであまりスピードを出しすぎると危険です。

ドローレス・イダルゴまでの道

標高は一番高そうなところで2600mまで到達していたかな。

ドローレス・イダルゴまでの道

かなりくねくねの山道なので夜間は走行しないほうが良さそうですが、日中はそこそこ車が走っていて観光バスも走ってました。

 

セントロへ

セントロには駐車場がいくつかあるようでした。路上駐車もできるようでしたが、当て逃げが頻繁なメキシコでは基本あまり路駐したくないので私たちは教会近くのこちらの有料駐車場にとめました。

通常の土日なら午前中に到着すれば空きがある様子。駐車場入り口には有料トイレも付いていたので便利でした。

▼駐車場

おそらく9月15日だったらこのドローレス・イダルゴには人が沢山押し寄せているのではないか?と思うのですが、全く関係ない通常の土日に行ったので、街の雰囲気はのんびりとしていました。

Parroquia Nuestra Señora de Dolores

観光客らしき方がけっこうたくさんいらっしゃいました。

Parroquia Nuestra Señora de Dolores

教会前の庭園には、ミゲル・イダルゴの像があります。

ミゲル・イダルゴ像

庭園内にはベンチも多く、地元民の憩いの場として利用されているようでした。

公園

プエブロ・マヒコのマークが入ったモニュメントが公園の一角にひっそり。

プエブロマヒコ

教会前に着いてすぐ、石畳の上に謎の絵が描かれているのを発見して「なんだこの魔法陣みたいなやつ???」と思っていたんですが、この日行われるイベントのために描かれていたようでした。

先住民のような衣装をまとった人たちが踊ったり、儀式の再現のようなことをしていたのですが詳細はよく分からず…。

(というか、ここ日陰がなさすぎて暑くて途中で退散した)

イベント

 

アイスが美味しい

ドローレス・イダルゴではアイスが名物と聞いていたので、絶対食べようと決めていました!!この日は雲一つないような晴天でめちゃくちゃ暑かったので、街歩きを始めて早速アイスを購入。笑

アイスの屋台はセントロの公園にはたくさんありましたが、教会前にあるこのアイス屋さんが一番有名みたいでした。

アイス屋

モーレ、チチャロン、メスカル、テキーラ…とメキシコならではの味が沢山あります。

それ美味しいのか???と思う味もちらほら。エビとタコ味とか特に…。

アイスメニュー

気になるアイスは全部試食させてくれるスタイル!メニューを見て気になる味を言うとお店のマダムが快く試食を出してくれるので、10種類くらい試食させてもらっちゃいました。

アイスメニュー

結局選んだのはBeso de Angel(左)とMANTECADO DE VAINILLA(右)。

Beso de Angelはグアナファトでもよく売っている味。サクランボ味のアイスクリームです。

MANTECADO DE VAINILLAはバニラベースのアイスクリームにラムレーズンや松の実などが入っているアイス。こちらはアイス屋さんのマダムが一番最初に試食として出してくれたアイス。オススメなだけあって、色々試食したけどこれが一番美味しかったです!

アイス

意外とお土産屋さんもけっこうある!

かなりこじんまりとした街だという情報しかなかったのでお土産物屋さんには全く期待していなかったのですが、(期待していなかったせいか?)セントロ付近は意外とお土産物屋さんがあるなーという印象でした。

実はドローレス・イダルゴではタラベラ焼が名産品。グアナファト州にもう2年以上住んでいて、プエブラにも行ったけれど知らなかったです…!

先日開催されていたレオン・フェリアのグアナファトパビリオンでタラベラ焼を見かけて、「グアナファトなのになんでタラベラ焼?」と思っていたのですが、このことを知ってようやく納得致しました。

私はタラベラ焼にはあまり詳しくないのですが、プエブラのものと比べるとちょっとテイストが違うようです。食器やタイルが沢山販売されていたので、こういうのがお好きな方にはお買い物する場所としていいかも。

私は食器よりもピアスを集めるほうが好きなので、タラベラ焼模様なピアスだけ購入しました。

お土産物屋さん

あと、このビーチサンダル。めちゃくちゃゆるーいかんじのフリーダ・カーロの顔がツボで買ってしまいました。フリーダ・カーログッズはメキシコでは至る所で見かけますが、リアルなのも目がキラキラすぎるのもあまり好みじゃなくて買ったことがなかったのですがこれはなんか…好き!

私は自宅では基本ビーチサンダルを履いて過ごしているんですけれども、いま使っているものがだんだん劣化してきて新しいのが欲しいなーと思っているところだったのでちょうどよかったです。早速愛用してます。

サンダル

ドローレス・イダルゴの場所

レオンからは車で2時間程度。

グアナファト、サンミゲルデアジェンデからはドローレス・イダルゴ行きのバスが出ているようです。


にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ

にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
その他グアナファト州
シェアする
ぷにたをフォローする
ゆるっとメキシコ生活

コメント