気休め程度にクランベリージュース

気休め程度にクランベリージュース

最近ちょっと膀胱炎になりかけかも?という症状が何度かありました。日本から持ってきたお薬を飲んだら悪化することもなく治ったようなのですが、去年は全く膀胱炎の症状が出なかったため、一時帰国で薬の買い足しをしておらず、常備薬が心もとないかんじ。

というわけで、薬局に行って膀胱炎の薬がないか聞いてみたのですが、「処方箋がないと買えない、無理」という返答でした。

 

膀胱炎って突然なっちゃうし、こじらせると血尿が出るのがなんとも恐ろしいです。昔、私はある日突然血尿が出てとてつもなく辛い思いをしました。膀胱炎こじらせると熱が出るということも、残尿感があるってことがどれほど辛いかってこともそのとき初めて知ったのです…。

そんな経験があるので、膀胱炎の前兆?ともいえる、排尿時の独特のツーンとしたかんじがあると、あのときの苦しみをふと思い出してしまうんですよね。完全にトラウマになっている件(´・ω・`)

日本に居るのなら一人で病院へ行ってお薬もらって帰ってこれますが、メキシコに居るとなかなかそうもいきません。まあ「血尿出た」と申告したら、心配性なうちの主人がすぐに病院連れて行ってくれると思うけど、彼も普段忙しい身ですのでできるだけ手を煩わせたくはありません。

 

なんとか予防はできないものか?と思いつつ、当時病院へ行ったときに先生が仰っていたことを思い出してみたのですが、「こまめにトイレに行くこと」「水分補給をしっかりすること」くらいしか思い出せませんでした。

私はいまずっと家にいるんで、どっちもそれなりにできている気がするんですよね。それでもなるってことは、やはりメキシコには日本にない未知の菌がいるせいなのか…?トイレとか日本みたいに抗菌仕様じゃなさそうだしなー。

 

となれば、ここはGoogle先生に聞くしかあるまい…ということで、ググってみたら「クランベリー」の存在がヒットしました。欧米では尿路感染症予防にクランベリージュースが一般的に飲まれているとか。しかし「クランベリーに膀胱炎予防効果なし」という説もヒットしたので、いまひとつどっちが正しいのかあやふやなんですけど。。。

まあプラシーボでもおまじない程度でもいいんで、「多少効いてたらラッキー★」程度のノリで、100%クランベリージュースを買ってみました。

クランベリージュース

早速自宅で飲んでみたけれど…100%のクランベリージュースってめちゃくちゃ酸っぱい!

これを1日にコップ3杯飲めば尿路感染症に効果があるって?…ほんとにこれ3杯も飲むの?正気か?

と言いたくなるような味でした(´・ω・`)たぶんどうしてもクランベリーを摂取したいなら、ジュースじゃなくてサプリメントのほうが長続きする気がします。

しかし、クランベリーのサプリメントが果たしてメキシコで売っているのかは謎。売っていてもなんだか高そう。気休め程度にとりあえずジュースで試してみるか!くらいの気持ちです。

 

なんとか100%クランベリージュースを飲む方法を考えなくてはなりません。ということで、再度Google先生に泣きついてみたところ、『100%クランベリージュースをそのまま飲むのはきつい場合、100%オレンジジュースや100%パインジュースと割って飲むといい』という情報が!

 

でもオレンジジュースもパインジュースも100%だとまあけっこう酸味が強いですよね。単体で飲むならいいけど、酸味が強すぎるクランベリージュースと割ったらどうなるんだろう…と恐れた私は、100%りんごジュースにしてみました。

りんごジュース

酸味が少ないりんごならいける気がする…!!ということで、クランベリージュースとりんごジュースを2:3で割って飲んでみたら、ゴクゴク飲める美味しいジュースに生まれ変わりました。やったね★これなら毎日飲めそう。

本当に膀胱炎予防になるかどうかは分かりませんが、飽きるまでは飲み続けてみようと思います。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ

にほんブログ村