メキシコ流ポテトチップスの食べ方

メキシコ流ポテトチップスの食べ方

メキシコではポテトチップスを食べるときにサルサをかけるのが必須のようです。

以前、メキシコ人の友人たちと旅行したとき、彼らはサルサがたくさんかかったポテトチップスをサービスエリアで購入していました。一口もらったけど、たしかに美味しかったです。辛かったけど。

 

メキシコにくるまでは「パリパリのチップスにサルサかけるなんて~」と思っていたのですが、その一件以来、すっかりサルサをかけて食べるのが好きになってしまいました。食わず嫌いはよくないですね。

 

そして先日、TOYOへ行ったついでにアウトレットをブラブラしていたら、メキシコ来てからずっと私が食べたいと言っていたスナックが売られていることにようやく気付いたので買ってみました。

 

ポテトチップスに豚皮の酢漬け(クエリトス)と辛~いサルサをかけてチーズを上から振ったもの。クエリトスは白くて弾力のある不思議な食べ物です。

 

私はすごく大好きな味でまた絶対食べたいのですが、主人には「俺はこれ好きっていう日本人、他に聞いたことないよ…(;’∀’)」と言われてしまいました。。。マジか。

 

スナック

 

辛いの苦手な主人は隣でヒーハーしてたので、この余ったポテトチップスを進呈しました。

サルサがべったり付いた部分は私がいただきます(・∀・)

 

余ったポテトチップス

 

注文するとお店の方がこの透明の袋に入ったポテトチップスをトレーの上に出して、色々トッピングして作ってくれるのですが余ったポテトチップスどうするのかな…と思っていたら、そのままくれました。笑

トッピングは他にもいろいろありました。

 

生トマトとクエリトスの組み合わせもありましたが、私が生トマト嫌いなので拒否。

でもタコスにはたいてい細かく刻んだトマトが入っています。

避けて食べるのがだんだん面倒になってきて最近は普通に食べていることが多いです。

物心ついた頃からずーっと嫌いだった憎い赤いあいつと和解する日も近いかもしれません。。。

 

 

以前メキシコ人の友人が「これもチチャロン」と言っていたので、クエリトスもチチャロンだと私は思っていたのですが…通常、「チチャロン」というのは豚の皮を揚げたもののことを指してるかんじがします。スーパーではこんなかんじで販売されていたり。

チチャロン

 

ちなみにレストランへ行くと、魚のフライらしきものもchicharron de pescadoとメニューに書いてあったりするので…チチャロンの定義がだんだんよく分からなくなってきました(´・ω・`)