それ逆に難しくないか?

それ逆に難しくないか?

※一眼レフを入手したので画像差し替えました。最初に掲載していたハチドリと種類が違うのですが…おんなじことしてる子がいたので。笑

 

先日うちに来ていたハチドリさんのとまり方がなんだかおかしかったので写真撮ってみました。なんと…飲み口の花びらのところに足をかけてとまっています。

体重5g前後だからできるワザ。笑

 

アカハシハチドリ   アカハシハチドリ

アカハシハチドリ

アカハシハチドリ

アカハシハチドリ

普通はだいたいフチの細いところにとまるか、飛びながら飲むかのどっちかで、こんなアクロバティックな飲み方する子は初めて見たのでちょっとビックリしました。

目が丸っこくてベビーフェイスなハチドリさんたちですが、実は彼らの胸筋はかなり発達しており、体の約30%は胸筋だそうです。こんなかわいい顔して、みんな胸筋ムキムキのマッチョ。笑

 

毎日観察していると彼らの動きに驚かされることが多々あります。

 

一度は、羽根を大きく広げてフィーダーにもたれかかって目を閉じていていつもとは全然違う雰囲気。「ハチドリさんが瀕死?!」と思って慌てたのですが、よく見るとクチバシはしっかりフィーダーの中にささっており、のどだけゴク…ゴク…と動いている。

え?どういうこと?と混乱しているうちに、エネルギーチャージを終えたのか、飛び去って行きました。もしかしてエネルギー切れ寸前だったのかな?

 

あと、先日は体をものすごく斜めにしてフィーダーにとまっている子がいて、窓ごしに私が近づいても全然逃げない。今度こそ何か体調が悪いのか…!?と思ったのですが、ただ毛繕いしていただけでした。鳥とか飼ったことないから分かんなかったよ…。

 

 

最近はかなり沢山のスミレハチドリさんを見かけます。ちょっとサイズが小さい子がいたり、飛び方があまり上手くない子を見ると「やはり繁殖したのでは…?」などと思って嬉しくなってしまいます。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ
にほんブログ村