Arts Center of San Luis Potosi Centenario

エントランス サンルイスポトシ
スポンサーリンク

要塞のような美術館 Arts Center of San Luis Potosi Centenario

 

サボテンの迷路に長居した後向かったのは「Arts Center of San Luis Potosi Centenario」。また美術館です。(美術学校も兼ねてるのかな?)

…といっても我々はアートのことはさっぱりなので、ここへ来たのも写真目的。笑

入場料は大人2人で100ペソでした。

 

個人的に一番見てみたかったのは、このまるで要塞のようなエントランス。この建物、元々は刑務所だったんだそうですね。

エントランス

 

もしかして:元独房

中に入って右側に進んだ建物の中にはアート作品が多数展示されています。

ここへ足を踏み入れた瞬間、夫が「ここって…もしかして独房だったんじゃ?(;’∀’)」なんて言い出しました。

もしかして:元独房

明るいピンクカラーの壁に惑わされていたけれど、そう言われてみるとたしかに…部屋の床には、個室として仕切られていた跡のような線が残っていますよね。

美術館

こういうかんじで囚人が入っていたのかな?(妄想)

美術館

ということは、この円形広場で自由時間に囚人同士のケンカが勃発して、ぐるっと取り囲むように2階から見物しているギャラリーたちが「オラァァァやっちまえー!ぶっ飛ばせー!!」とヤジを飛ばしていたんじゃないか?などとさらに妄想が膨らみます。笑

(※基本的に映画などで見た知識しかない)

円形の広場

 

中庭など

アートスペースを見終えた後は、奥の中庭のほうを見学。

ガイド付きツアーもやっているようでしたが、私たちはツアーに参加せず自由にテクテク歩き回りました。

窓にも頑丈な鉄格子がはめこまれていて、かつて刑務所であった名残を感じます。

格子付きの窓

こんな高い塀に覆われていたら、到底プリズンブレイクできそうにありませんね。

高い塀

蛇の絵が描かれた塔。

ヘビの塔

周りに植えられているハカランダが満開でとても綺麗でした。

ハカランダ

また、ここにも多種多様なサボテンが植わっているお庭がありました。

サボテン

アートやら歴史やらはさっぱり理解していませんが、色んな写真が撮れて楽しかったです。

中庭

 

Arts Center of San Luis Potosi Centenarioの場所

道沿いから建物が見えるので、場所は非常に分かりやすかったです。要塞のようなエントランスの横に駐車場があります。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ

にほんブログ村

 

■ゆるっとメキシコ生活Twitter
https://twitter.com/yurumex

Twitterにはブログに入りきらなかった写真や日常の小ネタなど載せています。

コメント