プエブラ土産

プエブラ土産

プエブラはお土産屋さんが多く、露店が出ている通りもたくさんあったので買い物天国でした!

というわけでプエブラでのおすすめ土産や私が今回買ったものなどについてご紹介いたします。

買ったもの

タラベラ焼

プエブラでのお土産といえば…まず初めに出てくるのはタラベラ焼ではないでしょうか。

「タラベラ焼」でググってみるとシックな色使いのものからとても鮮やかなものまで色んなデザインのものが出てきて「え?どれがタラベラ焼?(;’∀’)」と私は最初思ったんですけども…どれもタラベラ焼だった。

白地に藍色のシックなものが伝統的なデザインで、鮮やかな絵付けのものは最近のものなんだそうです。

(ただし政府認定の業者が作ったものしか「タラベラ焼」と名乗れないことになっており、正式なタラベラ焼は裏側に「PUE.MEX」とサインが書いてあります)

 

宿泊していたホテルの石鹸ケースがタラベラ焼で「おしゃれだな~私もこういうの欲しいな~」と思ったので、タラベラ焼認定業者のひとつ・TALAVERA ARMANDOの工房で購入しました。

(しかしちゃんとTALAVERA ARMANDOのお店で買ったはずなのに、よく見たらどっちも裏側にサイン入ってなかった…気に入ってるからまあいいか。笑)

タラベラ焼

TALAVERA ARMANDOは小規模ですが博物館もやっていたので、見てきました。

TALAVERA Armando

この周辺にはタラベラ焼を販売するお店がたくさん立ち並んでいます。

また、民芸品市場「Mercado Parian Puebla」も近くにあります。

Casa de las Artesanias

 

Mercado Parian Puebla

他に民芸品を購入できる場所は、3オリエンテ通り、6スール通りなど。セマナサンタ期間中、毎日民芸品などを販売する露店が並んでいて何度も足を運びました。

カモーテ

プエブラについて色々ググっていたときから気になっていたお菓子・カモーテ。

気になっていた理由は、このカモーテが日本の芋ようかんにとても似ているらしいから。

カモーテ

しかしこのカモーテの包み紙には「オレンジ味」とか「いちご味」とか書いてあるので「ほんとに芋ようかんみたいなかんじなのかな?」とやや半信半疑だったのですが…食べてみたらたしかに芋ようかんっぽい!美味しい!

ちょっとオレンジ風味がするかも?程度で、芋の味のほうが強かったように思います。

セントロにあるお菓子屋さんや土産物屋さんで10本入りで25ペソ程度で売ってます。激安。1本とかでバラ売りしているのはちょっと見かけなかったかな。

カモーテ

主人が会社にお土産として持って行ったのですが、日本人だけでなくメキシコ人にもかなり好評だったそうです。(美味しいし、グアナファト州では手に入らないので珍しいんだそうな)

賞味期限は1週間程度。安いのでついたくさん買いたくなってしまうのですが、4箱くらい買うとなかなか重かったです(;’∀’)

 

ピアス

メキシコの旅行先ではかわいいピアスを探すのが楽しみな私。やや金属アレルギー気味なので基本的にフックタイプのピアスを購入して、自分でペンチを使ってSV925や14kgfの金具に交換しています。(でもスキンプロテクター買えばポストタイプでもいけることに最近気付いた)

セルビン焼・チェクアン焼ではアクセサリーがあるので「タラベラ焼でもアクセサリーがあるんじゃないか?」と思ってTALAVERA ARMANDOのお店で探してみたのですが…残念ながらあまり見つけられず。

一方、露店ではタラベラ焼っぽいデザインのピアスをたくさん扱っていました。おそらく認定業者ではないのだろうけど…自分がデザインを気に入ったのならまあいいかなーと思って購入。

一番高かったものでも160ペソ。タラベラ焼風デザインめっちゃ気に入ってます。

また、左下のピアスは路上で風呂敷広げて民芸品売っているおばさまから買いました。めっちゃかわいいのに40ペソ。

ピアス

マグネット

マグネットおじさんのコレクションがまた増えました。笑

マグおじが特に集めている文字デザインのマグネットと、タラベラ焼っぽいデザインのマグネット。プエブラ、チョルーラの市場や露店で購入しました。

マグネット


■ゆるっとメキシコ生活Twitter
https://twitter.com/yurumex

Twitterにはブログに入りきらなかった写真や日常の小ネタなど載せています。

にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ

にほんブログ村