トゥーラ遺跡

トゥーラ遺跡 イダルゴ
スポンサーリンク

パチューカから戻ってくる途中、トゥーラ遺跡へ立ち寄りました。

 

トゥーラ遺跡

トゥーラ遺跡

トゥーラ遺跡はイダルゴ州にあるトルテカ文明の遺跡。ここでの最大の見どころはピラミッドの上に建つ巨大な戦士像。

戦士像が建っているピラミッドBとその周りにある柱の構造がユカタン半島にあるマヤ文明の遺跡チチェン・イッツァにある戦士の神殿と似ているとかで関連については現在も議論されているようです。

 

遺跡の入場料は1人75ペソ。料金どんどん上がっていってるっぽい。。。

入り口すぐのところに博物館があるはず…なのですが、私たちが行ったときには閉鎖されていて残念ながら中を見ることができませんでした。いつも博物館を見てもスペイン語が分からず理解しきれずあまりちゃんと読まないので(博物館の説明って専門用語が多くて難しいですよね)今回はウィキペディアとかで事前に調べて知識を得ておいてよかったです。

 

サボテンの遊歩道

入場料金を支払った箇所から遺跡までは1キロほど歩きます。お手洗いはこの入り口にしかありませんので注意。両脇にサボテンが生えている遊歩道をひたすら歩いていきます。

途中、土産物を販売する売店エリアが3カ所ありますが、それ以外は本当にずっとサボテンだらけ。日陰がほとんどないので帽子着用推奨。私はちゃんと帽子を被っていたのですが…それでも暑くて少ししんどかったです。

サボテン

サボテン

多種多様なサボテンがあるので、「ザ・メキシコ!!」なかんじの写真が撮れます。

サボテンの近くで写真を撮る際は、うっかりサボテンを踏まないよう注意。小さいサボテンが土中から少し出ていたり、サボテンのトゲが落ちていたりします。

サボテン

ウチワサボテンはハート型になっているものが多かったです。トゲトゲハートかわいい。

サボテン

遺跡

最後の売店エリアを抜けると、ようやくピラミッドが見えてきました!戦士像の後ろ姿が見えるー!!

トゥーラ遺跡

ピラミッドの周辺には柱がたくさん建っています。

ゲーム脳な私はついつい、RPGの世界によくある、朽ちた神殿とかに出てきそうな柱だな…なんて思ってしまう。笑

柱

柱

戦士像

このトゥーラ遺跡ではピラミッドBとピラミッドCがありますが、上にのぼることができるのはピラミッドBのみでした。この写真では分かりづらいのですが…ピラミッドCには立ち入り禁止のロープが張られていました。階段も途中でなくなっていて危ないしね。

ピラミッドB、ピラミッドCときたらピラミッドAもあるんじゃないか?と思ったのですが、遺跡内マップを見てもピラミッドAは存在しませんでした。

ピラミッドC

それではいよいよ、ピラミッドBの上にのぼります。

ピラミッドの階段は一段一段が高くて登りづらいです。しかしそれ以上に、降りるときがめちゃくちゃ怖い!

テオティワカンもこういうかんじだったな~…ピラミッドってどこもこういうかんじなんですかねー。

ピラミッド

階段をのぼりきった先には、お目当ての戦士像が…!(どんっ!!!)

戦士像

戦士像の周囲にはロープが張られているので至近距離まで寄ることはできません。しかし、とても巨大な戦士像が4体立ち並んでいる姿は圧巻でした。

トゥーラ遺跡

ちなみにこの戦士像、光線銃を持った宇宙人なんじゃないかという説もあるそうです。ホルスターを付けているように見えるっていうのはコレのことかしら。たしかにそう言われてみると、銃に手をかけているようにも見えますね。

トゥーラ遺跡

ピラミッドの上はとても見晴らしが良いです。先ほど通りがかった柱があるあたりをピラミッドの上から見下ろすとこういうかんじ。

柱

 

実はわたくし帰宅してから気付いたのですが、トゥーラ遺跡の戦士像はメキシコシティの国立人類学博物館にも展示されています。

(国立人類学博物館に移動させたため、トゥーラ遺跡にある戦士像の一部はレプリカだそうです。たしかによく見ると色がちょっと違う気がします。赤っぽい色が剥げたみたいになっているのが本物かな?)

私たちは1年半ほど前に国立人類学博物館へ行っています。

まずこの事実を知ったとき「えっ、、、居たっけ?」と思ったのですが、そういえばよくよく思い返してみると…なんかこんな巨大像を写真におさめたような気がするようなしないような???

まあ記憶を辿るより証拠を漁ろうぜってことで、とりあえずPCにバックアップしてあるスマホ写真を確認してみました。

 

 

 

がっつり写真撮ってました。

戦士像

お前だったのか…!

戦士像見るの初めて~キャッキャッ★ と思ってたのに実は国立人類学博物館でエンカウントしていた件。いやちょっとビックリしました。

 

国立人類学博物館ってめちゃくちゃ広いし、このときもやっぱりスペイン語の説明ほぼ読んでなかったんで「巨大像だ!すげー!!」という小学生並みの感想しかなかったんですよね…まさか1年半後に元々この戦士像があった遺跡を見に行くことになろうとは思いもしなかったな。

まだメキシコに来て1年も経っておらず、地理とかもよく分かってない状態で国立人類学博物館へ行ったので、今後もまだまだ「これ国立人類学博物館にあった!!」が出てきそうな予感がします。

 

トゥーラ遺跡の場所

パチューカからは車で1時間半、ケレタロからは2時間程度です。

Google Mapsのナビだと遺跡のすぐ手前まで入って行けるように見えますが、実際は博物館(Site Museum Tula)の手前に駐車場があり、そこに駐車することになります。

Tollan, 16 de Enero ( El Tesoro ), El Salitre, 42800 Tula de Allende, Hgo.

 


にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ

にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
イダルゴ
シェアする
ぷにたをフォローする
ゆるっとメキシコ生活

コメント