一眼レフカメラ初心者が撮るグアナファト・夜編

一眼レフカメラ初心者が撮るグアナファト・夜編

グアナファトに宿泊したのは、私が初めてメキシコへ来たとき(まだ住み始める前)以来なので約1年半ぶり。

いつも日帰りで来ているので昼間のグアナファトはいつもの景色、というかんじがしましたが、夜はまた違った雰囲気になりますね。

 

 

20時半くらいのフアレス劇場。日没直後なのでまだ少し空が明るいです。

 

夜のフアレス劇場

 

ウニオン公園前の通りもいいかんじ。

 

ウニオン公園前

 

公園内にある噴水がライトアップされて、幻想的な雰囲気です。

 

噴水もライトアップ

 

20時半すぎにケーブルカー乗り場へ行ってみたら、まだ営業していたのでケーブルカーに乗ってピピラの丘へ。

あまり混んでおらず、さほど待たずに乗れましたが、21時ごろに営業終了なためか?「帰りのチケットはない」と言われてしまいました。

 

 

久しぶりに見る夜景は本当に綺麗!この日の夜は全然雨が降らなかったので、思う存分写真撮影することができました。

 

夜のピピラの丘から

 

夜、徒歩でピピラの丘から街中へおりるのは危ないので、ケーブルカーの係員さんは「帰りはタクシーを使って街中におりたほうがいい」と言っていましたが、私たちはたまたま、団体で階段をおりていく観光客を見つけたので後に着いて行きました。

みんなでおりれば怖くない、的な…。少人数で夜、階段をおりるのは本当に危険だそうですのでやめましょう。

 

今までピピラの丘へは何度も徒歩で行ったことがありますが、ルートは最低でも3パターンはありますね。

ケーブルカー乗り場前からのルートで帰ることが多かったのですが、今回は展望台の脇道から帰るルートでした。

最初はちょっと足元が暗くてスマホの懐中電灯機能使ってましたが、途中からは灯りが多かったです。

以前、口づけの小道付近に出るルートで帰ったこともあるのですが、あちらは昼間でも人が少なかったのでやめたほうがいいかも。

 

 

 

特に何事もなく街中へおりてきて食事をした後、引き続き夜の散策。

 

ラパス広場

 

夜のグアナファト大学。昼間はたくさん観光客がいますが、夜はそんなに多くなくて写真撮り放題でした。

 

グアナファト大学

 

風景写真撮影はまだ慣れてないかんじですが、絵になる風景がある世界遺産の街が近くにあるので、次に遊びに行くときもまた一眼レフ持っていくつもりです!少しずつでも上手くなれたらいいな…★

今回、サンミゲルには宿泊しなかったのでそろそろまたサンミゲルデアジェンデにお泊りしたいです(^ω^)笑

 

ちなみにグアナファト・サンミゲルデアジェンデは比較的治安の良い街ですが、一眼レフカメラを使わないときはバッグに入れておく、必ず斜め掛けする、を徹底しておりました。

一眼レフカメラを持ち歩いている観光客は非常に多いですが、やはり高価なものですので気を付けるに越したことはないかと思います。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ

にほんブログ村