La Paz Waterfall Gardens

La Paz Waterfall Gardens コスタリカ旅行
スポンサーリンク
ぷにた

スターバックス農園へ行った後はLa Paz Waterfall Gardensに向かいました

 

La Paz Waterfall Gardensとは

La Paz Waterfall Gardensはスターバックス農園Hacienda Alsaciaからさらに北側にある自然公園。

その名の通り、園内には5つの滝があるのでトレッキングを楽しみながら滝をめぐったり、蝶、カエル、鳥類、ヘビ、サル、ジャガーといった生物を見たりできます。入場料金は大人1人48ドルとなかなかお高いです。

サンホセ市内からだと車で1時間半ほどの距離。スターバックス農園Hacienda Alsaciaからは車で30分程度です。私たちはHacienda AlsaciaでUberを呼んでLa Paz Waterfall Gardensへ向かいました。(でも帰りのことを考えるとUber移動はオススメしません…理由はまた後の項目で)

けっこう山が深い場所にあるためか、La Paz Waterfall Gardensへ向かう途中の道は霧が濃くなったり、到着してからも雨が降っていたりとかなり天気が悪かったです。

スターバックス農園で思いのほか時間がかかってしまってLa Paz Waterfall Gardensの滞在時間があまりなかったため、実は私たちは滝を1つしか見ていないのですが…こんなかんじのトレイルコースの先に滝がありました。

園内

写真だと迫力が分かりづらいかな。

滝

 

カエル園

カエルの画像があるので苦手な方はこちらから次の項目にジャンプしてください。

 

 

 

 

 

 

 

La Paz Waterfall Gardensのカエル園は、毒持ち以外のカエルはガラスケース越しではありません。しかし、カエルさんは夜にならないと活発にならないため、みんなこんなかんじで葉っぱの上で寝ていました。

カエルさんおねむ

ほぼすべてのカエルが寝ていたのでそのまま立ち去ろうとしたら、スタッフのお兄さんがアカメアマガエルを起こし始めました。えっ、そんな無理に起こしちゃっていいの…?!

ちょっとかわいそうではありましたが、起きたのなら写真を撮っておかないと!というわけでカエル好きの夫が一生懸命写真を撮ってました。

アカメアマガエル

アカメアマガエル

イチゴヤドクガエルもいましたが、これは毒持ちなのでさすがにガラスケースの中にいました。色合いがとても美しいですね。

イチゴヤドクガエル

 

鳥類園

鳥類エリアではとってもキュートでおとなしいオオハシさんと一緒に記念写真撮影ができました。でもオオハシさんって雑食でなんでも食べるんで、こんな可愛い顔してあの幻の鳥・ケツァールの卵も食べちゃうんだそうですよ。。。

オオハシ

アヒルさんは放し飼い状態。

アヒル

コンゴウインコ。

コンゴウインコ

ハミングバードガーデン

La Paz Waterfall Gardensにはハチドリが見られる「Hummingbird Garden」があります。ここにはハチドリ用の餌が入ったフィーダーが4台ほど吊るされており、そこにたくさんのハチドリが集まってくるのです。

ハチドリ推しな私がLa Paz Waterfall Gardensへ来た一番の目的はここ!

Hummingbird Garden、予想以上に良かったです。こんなに沢山の種類のハチドリがいるのか…!と思うほど。夫もメキシコでは見たことがないハチドリの種類・数に驚いていました。

もうほんとハチドリパラダイスすぎて「ここが天国だったのか…」って天に召されそうになったくらい、ハチドリ好きにはたまらない場所でした。

 

ハミングバードガーデンで見られるハチドリ一覧。後で答え合わせするためにちゃんと写真を撮っておきました。笑

ハチドリ一覧

 

ムラサキケンバネハチドリ。大型のハチドリです。モンテベルデにも居たのでコスタリカではけっこう遭遇率の高いハチドリ。ハチドリ図鑑情報によると、メキシコ南部にもいる模様。

クチバシがカーブしているハチドリを生で見るのは初めてで興奮したなあ。クチバシがカーブしている系のハチドリは南米に多いんですよね~。名前が長すぎるので私たちは勝手に「ムラケン」と呼んでました。笑

ムラサキケンバネハチドリ

ミドリボウシテリハチドリのメス。腹側が緑のまだら模様みたいになっているのが特徴。

ミドリボウシテリハチドリ(メス)

クロハラオジロハチドリ。本来はコスタリカ~パナマのカリブ海沿岸に生息するはずのハチドリ。Hummingbird Gardenの看板には掲載されていませんでしたが公式サイトには載ってました。図鑑には繁殖期が終わると山麓に移動するって書いてあったのでここには期間限定でいるのかな?

クロハラオジロハチドリ

ハチドリのカラーはグリーン系が一番多いので、こういう色合いのハチドリさんは特定がけっこう難しいです…(;’∀’)ちょっと足が赤っぽく見えるような気もするからドウイロハチドリかな?

ハチドリ

フィーダーに大量のハチドリさんが集まっている様子を動画に撮ってみました。

 

 

ハチドリ餌やり体験

Hummingbird Gardenでは、午前9時前もしくは午後4時以降にハチドリの餌やり体験ができます。(公式サイト情報)

ほんとに餌やりできるのかな?と半信半疑ながらも、できるなら餌やり体験をしてみたい。より近くでハチドリさんを観察したい…!ということで4時前くらいからHummingbird Gardenで待機。

すると、4時になったらスタッフさんが餌の入ったビンを持ってやってきたではありませんか!やったああ!!

花びらのような鍔が付いたビンを持ちじっと待っていると…ハチドリさんがやってきました。かわいいいいーーーーー!

ハチドリ餌やり体験

きゃわわわわわわわ…!!尊すぎる。楽園はここにあったんや…!

ミドリボウシテリハチドリ(オス)

ハチドリさんはとても長い舌を持っていますが、餌が少なくなってくるとさすがに底のほうまでは飲めません。

周囲を見渡すとみんな手のひらの上に餌を傾けて置き始めていたので私もやってみましたら…ハチドリさんが手の上に!

しかもこのハチドリさん、ハチドリ図鑑の表紙になっているフジノドシロメジリハチドリだ!!(感動)

フジノドシロメジリハチドリ
ハチドリさんが私のことを奪い合ったり牽制しあってる…!(※正確には私の持つ餌を奪い合っています)人生で一番ハチドリさんからモテモテになるという逆ハーレム体験ができて感無量でした。笑

ハチドリ

餌やり体験しているところも動画に撮ってみました。

なぜかムラサキケンバネハチドリは私のところにばかり来ていました。ムラケンは私のことが好きなのかな?(←勘違い)

 

帰りたいのにUberのお迎えが来ない

La Paz Waterfall Gardensでは素晴らしい体験ができました。とても満たされた気分で「じゃあサンホセに帰るか…」ということでUberを呼ぼうとしたのですが。何度チャレンジしてもUberが来ません。

行きはLa Paz Waterfall GardensまでUberで来れたのに、帰りのUberは来ない、だと…?( ゚д゚)

 

La Paz Waterfall Gardensの閉園時間は午後5時。閉園時間がだんだん迫ってきていたので、受付でタクシーを呼んでもらえるか聞いてみたら、受付のお姉さんに「バスで帰ったほうがいいわよ」と言われました。

「えっバスがあるの?どこから出るの?」と聞いてみたら、La Paz Waterfall Gardensの入り口前から午後5時ちょうどに出発するとのこと。サンホセまで行くのか?と聞いたら…サンホセまでは行かない、行先はバルバという街だとのこと。

バルバ…?初めて聞いたぞ。どこだそれ??(;’∀’)

 

Google mapsを開いて確認してみたら、Barva(バルバ)はサンホセの北側。エレディアの近くにある街でした。

後になって気付いたのですがどうやらこのバス、主に従業員さんの送迎バスみたいでして。

バルバまでの道中で何度も止まっては従業員を降ろしたり、そのへんの街に住む地元民が乗ってきたかと思えばまた途中で降ろしたり…と、通常なら1時間程度の道のりを1時間半ほどかけてバルバの街までたどり着きました。ちなみに料金はチップのみでOKだった。えっ、そんなのでいいの??

 

バルバは観光地ではなさそうだけど山の中ではないかんじ。陽気なバス運転手のおっちゃんも「バルバからならバスかタクシー使えばサンホセまで行けるぜ!」と言ってたし…ということでUber再チャレンジ!

すぐにUberをつかまえることができ、なんとかサンホセのホテルまで帰ることができました。

 

…あっっぶねえええー!帰れないかと思ったー!!

 

 

バス運転手のおっちゃんは気さくで優しかったし、なかなか普段はできないような体験ができましたが、「サンホセまで帰れないんじゃないか?」と一時はヒヤッとしたのでもうあんな思いはしたくないな…笑

ちなみに私たち以外にも1組観光客らしき方が乗っていましたが、スタッフさんのご厚意で乗せてもらえただけなのか?観光客も全然使ってオッケー!なかんじなのかが全く分からなかったので、La Paz Waterfall Gardensへ行く際はちゃんと行き帰りの交通手段を確保した状態で行くことをオススメ致します。あんな山の中で帰れなくなったらけっこうやばい。

La Paz Waterfall Gardens隣に宿泊施設はありますが年末の繁忙期じゃ空いてないかもだし、あのロッジ1泊5万円くらいしたと思うんだよな…。

とにもかくにも、バルバは私たちにとって忘れられない街となりました。

服装について

私たちが行ったのは乾季の12月ですが、La Paz Waterfall Gardensはかなり山の中にあるせいか、到着したときからほとんどずっと小雨が降り続いていました。しかも雨のせいかけっこう肌寒かったです。

 

↓私たちはこういう服装でしたが、レインウエア持参がおすすめです。

 

私:MA-1ジャケット+長袖シャツ+ジーパン

夫:マウンテンパーカー(防水ではない)+半袖+チノパン

 

この時まだコスタリカの気候をよく理解していなかったので、レインウエアをホテルに置いてきちゃったんですよね…\(^o^)/

 

ちなみにLa Paz Waterfall Gardensの売店にはレインコート売っていたので雨具を忘れても購入することは可能です。

La Paz Waterfall Gardensの場所

先にも書いた通り、帰りはUberが迎えに来てくれない可能性が高いので行き帰りの交通手段確保はしっかりとしておくのがオススメ。

ツアーに参加して行くという方法もあります。La Paz Waterfall Gardensのみのツアーだけでなく、コーヒー農園・火山見学ツアーを組み合わせたものもありました。

 

126, Provincia de Alajuela, コスタリカ

営業時間 8:00-17:00


にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ

にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
コスタリカ旅行
シェアする
ぷにたをフォローする
ゆるっとメキシコ生活

コメント