雨季と乾季

雨季と乾季

先月はすさまじい雷雨に怯えまくっていましたが、最近は全く雨が降らなくなってきました。もう乾季に入ったのかな?

 

メキシコ中央高原の気候について

メキシコの気候は雨季と乾季に分かれます。ググってみるとサイトによって雨季と乾季の時期が微妙に違ってたりするのですが(乾季の始まりが10月だったり11月だったり…)レオンで一年過ごした私の体感的には雨季(6月~9月)、乾季(10月~5月)ってかんじかな。

メキシコの国土は日本の約5倍。とても広いので、地域によって微妙に違うのかもしれません。

私は初めての海外生活がメキシコ。日本でずっと暮らしていた人間にとって、雨季と乾季ってあまりなじみがないですよね。昔、社会の授業で習ったな?レベル。

「雨季」「乾季」という気候区分に属する国は東南アジア、アフリカなど世界各地に存在し、どのくらい雨が降るかというのも様々。

 

以前にもメキシコの気候についての話はちょこっと書いたことがある気がしますが、

今回はより詳しく、メキシコグアナファト州(主にレオン)の気候について私の体感・経験なども交えつつまとめてみようと思います。

 

雨季(6月~9月)

一日中雨が降っていることはなく、午後(特に夕方)から天気が崩れるパターンが多いです。朝から雨が降っている日はほとんどありません。天気が崩れ始めると、ほぼ必ず激しい風、雨、雷にみまわれます。

私は元々、湿度にあまり敏感ではなかったのですが、一年も住んでいるとさすがに体感でなんとなく天気が崩れる前兆が分かるようになってきました。ぬるくて湿った嫌な風が強く吹き始めたな…と感じると、10分もしないうちに雨が降り出すことが多いです。

雨が降っている時間はそんなに長くはなく、ザッと降ってすぐにやむパターンが多いですが、メキシコの道路は非常に水ハケが悪いため、強く雨が降り始めるとあっという間に道路が冠水してしまうことが度々あります。そのため、雨季の間お出かけする際は天気に注意が必要です。

去年は主人の通勤帰りにちょうど激しい雨が降って道路が冠水してしまい、本来ならば通勤時間30分のところ、2時間ほどかけて帰ってきたことがありました…。今年はそこまでひどい渋滞に巻き込まれてなかったですが、豪雨で渋滞して1時間くらいかけて帰ってきた日が一度だけあったかな。

 

日本に比べてメキシコの家は色々と作りが雑なため、強く雨が降ると新築の家でも雨漏りが発生する可能性があります。

メキシコでは、修理業者を呼んでも約束通りに来てくれないことが多すぎるので、業者案件なほどの規模でもなさそうなら、ホームセンターでシリコンを買ってきてDIYしたほうがストレスフリーかも。

 

雨がよく降る気候というと日本の梅雨を想像しがちですが、基本的に日本よりも格段に湿度が低く、一日の湿度は大体50%~70%くらいの間をさまよっているかんじ。そのため、日本の梅雨のように蒸し暑く感じることはほぼなく、過ごしやすいです。時期によっては雨が降ると少し肌寒くなるかも。

乾季に比べてお肌がそんなに乾燥しないので、ついついケアが手抜きになりがちに。笑

 

そういえば雨季に入る前、「ここ汚れてて気になるけど、ちょっと手が届かないし掃除できないな~」と思っていた外壁や窓が雨季に入ってからいつの間にか綺麗になっていました。きっと大粒の強い雨で汚れが一気に流れ落ちたんですね。やったぜ。笑

 

乾季(10月~5月)

乾季に入るとピタっと雨が降らなくなります。月間降雨日数が0日なんて月もあるくらいです。

日本では春夏秋冬関係なく、毎日天気を気にして生活するので乾季に入った途端に全く雨が降らなくなる気候は本当に不思議でした。

乾季の良いところは、お出かけがしやすくなること!本当に全く雨が降らなくなるので、「どうせ今日も晴れやろ」というノリで天気予報アプリをほとんど開かなくなります。笑

悪いところは、とにかく肌が乾燥してカサカサになること。保湿クリームは必須!!個人差はあるかと思いますが、私は背中までカッサカサになって粉ふいたくらいです。日本の冬でもさすがにここまで乾燥したことなんてなかったのに。。。

個人的にはスーパーで買える、コスパ良しのSt.Ivesか日本でもおなじみのNIVEAがオススメです。この2つは比較的香りが優しいほうかと。メキシコでは香料がきつめのものが多いので、無香料タイプのクリームを探すのはかなり難しいかと思います。(探せばあるようですが、私は香りがあっても特に問題ないので探していない)

ちなみにレオンの場合、日本でも女子に人気のTHE BODY SHOPとかロクシタンとかもあるんでそのへんお好きな方はご自由にどうぞ。

 

グアナファト州では12-1月が一番寒かったです。標高が2000m前後あるため、朝晩はものすご~く冷えます。世界遺産の街・グアナファト市で12月末にピピラの丘のぼったときはダウン着てちょうどよかった。また、レオン市の一大イベント・気球フェスティバルに行く場合もダウン必須です。(早朝から出かけることになるんで…)

しかし、日中は気温が上がって半袖で過ごせるような気候になるため、ヒートテックのような吸湿発熱インナーを着るのはオススメできません。半袖の上に長袖の上着…といったかんじで暑くなったら簡単に脱げるような服装がよいかと。日中と夜間との寒暖差で体調を崩す人も多いのでこの時期は特に、体調管理には注意。

雨が全然降らない乾季とはいえ、寒い時期だけは1日の最低気温が気になってよく天気予報アプリを見ていたため気付いたのですが、一番寒い時間帯は真夜中ではなく朝の6時前後です。

うちの主人もそうですが、駐在員はこの時間帯に出勤している人が多い印象。そのため、防寒着をちゃんと日本から持ってきたほうがいいと思います。もし持ってくるのを忘れてもZARAやH&Mなどで買えますが、日本みたいに安くて機能性の良い防寒着はレオンではなかなか買えないかも。

 

4月~5月あたりになるととても暑くなります。日本で一番暑い時期は8月ですが、このあたりでは5月が一番暑いのです。(7月くらいになると雨季になって雨が降るので、一番暑い時期に比べると若干涼しくなります)

メキシコではエアコンが付いている家はあまり一般的ではなく、付いていたとしても省エネ性能がなくて電気代が高額になってしまうので日本から扇風機持参がオススメ。うちではダイソンの扇風機が大活躍しています。一応メキシコでも扇風機は手に入りますが、かなり音がうるさいみたいです。(メキシコで売っている電化製品は日本に比べると全体的にかなり割高で性能イマイチ)

また、治安のことを考えると就寝時に窓を開ける気になれないので、接触冷感系寝具も我が家ではおおいに活躍しています。

日差しは一年を通して強いので日焼け止めはずーっと必要です。私は絶対焼きたくない派なので、一日中家の中にいる日でも塗っています。メキシコで売っている日焼け止めは使用感がイマイチなので日本で買いだめが一番。

 

 

思いつくままに雨季と乾季の気候について書いてみました。

また何か思いついたら追記するかもしれません。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ

にほんブログ村