メキシコ在住3年目にしてガスオーブンの封印を解除した話

メキシコ在住3年目にしてガスオーブンの封印を解除した話

先日メキシコ在住3年目にしてようやく初めてガスオーブンを使いました。(遅)

日本に住んでいるとなかなかガスオーブンに触れる機会がないと思うのですが、メキシコで日本人が住むような物件だと標準装備だったりします。(前の家にもありました)

未知の道具を前に尻込みしていましたが、とあるきっかけからガスオーブンを使ってみたら「あれっ意外と簡単やん?」と思えたので今回はガスオーブンの使い方についてご紹介したいと思います。

 

きっかけはシフォンケーキ

シフォンケーキを作りたくて一時帰国で型を買ってきたはいいのですが、サイズが大きいのでトースターに入らなかったこと。これがそもそものきっかけでした。(←今まで2年間、トースターでお菓子類を作り続けてきた私)

 

まあなんとなくそんな気はしていたのですが、えっじゃあどうする?と考えた私の脳裏にこんなメッセージがよぎります。

シフォンケーキあきらめる?

………

……

いやいや、わざわざかさばるシフォンケーキ型をスーツケースに詰め込んで持ってきたのに作らないって選択肢なんかありえないっしょ!「いいえ」だ!

 

ガスオーブンつかう?

私はガスオーブン使うのが怖くて今まで避けてきました。できれば使いたくありません。でもシフォンケーキが食べられないのはもっと嫌です。

こうなったらメキシコ在住3年目にしてガスオーブンデビューしたるわ!!!

 

というわけで、2年間開かずの扉となっていたガスオーブンの封印を解くこととなったのでした。

食い意地がガスオーブンに対する恐怖心を打ち破った瞬間であった。

 

まずは道具をそろえよう

ガスオーブンを使うためには以下の道具の準備が必要です。

ガスオーブン用温度計

ライター

温度計とライター

写真のガスオーブン温度計はタニタ製で日本から持ちこんだものですが(EMSで送ってもらったけどトースター便利すぎてずっと放置していた)一応メキシコでもガスオーブン温度計は売っています。レオンからはお店がなくなってしまったけれど…Williams-Sonomaで売っているのを見たことがあります。その他キッチン用品を扱っているところに行けばもしかしたらあるのかも。

ライターはHEBで購入したものです。キッチン用品orアウトドアコーナーのどちらかを探せば置いてます。

 

あと、シフォンケーキ作る場合は焼きあがった後に逆さに吊るしておくときのための空き瓶が必要ですよね。

うちの主人はコロナが大好きでいつも冷蔵庫にCoronita(コロナのミニサイズバージョン)があるので、1本綺麗に洗ってとっておきました。笑

Coronita空き瓶

これで準備は完璧!次はガスオーブン点火方法についてです。

 

ガスオーブンの使い方

温度計をセット

点火する前にまずは温度計をセットしましょう。他のお宅のを見たことがないので全部そうなってるのか分からないのですが、うちの場合は温度計をひっかけられそうなくぼみがちょうどありましたのでここにセット。

セットしたら一度ガスオーブンの扉を閉じてみて、外側から温度がちゃんと確認できるかどうかチェックしましょう。シフォンケーキ焼くときは特に、途中で扉を開けるのは厳禁ですからね…。

ガスオーブン用温度計をセット

点火の儀

温度計をセットし終えたらいよいよ点火です。

日本のガスコンロって点火ツマミをまわすだけで火がつきますけど、メキシコのガスコンロってツマミをまわすだけじゃ火がつかなくて、ツマミをまわしながらツマミ横にあるボタンを押さないと点火しないですよね。もうすっかりメキシコ式に慣れてしまって何とも思わなくなってましたが…。

(※写真右の点火ツマミを反時計まわりに回しつつ、真ん中のボタンを上側に押さないと火がつかない)

ガスオーブン目盛り

 

ガスオーブンも同じ要領で点火できるんじゃないかと思ったら今度はまたちょっと違います。ガスオーブンの場合はツマミをまわしつつライターで点火が正解。手前のほうに点火口があるのでここに火をつけます。

かなりガス臭くなるので換気扇は予めまわしておきましょう(;’∀’)

点火に成功すると、目視ではちょっと確認しづらいのですが…点火口のところを斜め上あたりから見ると青い火が見えるかと思います。(あと、火がつくときボッって音がするのでそれで大体分かるかなと)

火を消すときはツマミをまわしてガスの供給を止めるだけです。

点火

ちなみにガスオーブンのツマミには一応目盛りが付いてはいますが何度か使ってみた経験上、全然アテにならないかんじでした…。

うちのは表示よりも火力がかなり弱いです。何度かガスオーブン使ってみて、庫内に配置した温度計の数字を見比べながら加減を覚えていくしかないのかなー。

 

 

ガスオーブン使わなくてもライターは常備しておこう

ライター

メキシコで生活するのなら、ガスオーブンを使わないご家庭でもライターは常備しておくのがオススメです。なぜならメキシコでは頻繁に停電が発生するから。

実は以前、停電したときにお湯をわかしたくてガスコンロで火を点けようとしたら点かなかったんです。ガスの臭いはするからガスまで止まってないはずなのになんで??と思ったら、どうやら点火するときのボタンは停電すると作動しなくなるみたいなんですね…。なんてこった!

「停電するとガスコンロまでアウトなのかー!」と最初はショックを受けましたが、冷静になってよく考えてみたら、別にボタン使わなくてもツマミまわしてライターで点火すればいいんじゃね???と思ったのでやってみました。…無事点きました。笑

というわけで、ライター常備がオススメです。うちは停電したとき用にキャンドル常備してますが、キャンドルに火つけるのにも使えるしね。

 

まとめ

シフォンケーキ

初めてガスオーブンに点火するときはドキドキしましたが、一度使ってみると「こんなもんか」というかんじでした。

メキシコの家に付いているガスオーブンはビルトインタイプでかなりビッグサイズ。大きなピザもラクラク焼けちゃうほどです。こんな代物を日本で扱うことはそうそうないと思いますので、この機会にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

何度も温度計の確認が必要だったり…と手はかかりますが、私は今後シフォンケーキ作りだけでなく他のお菓子作りにも活用してみたいです。


■ゆるっとメキシコ生活Twitter
https://twitter.com/yurumex

Twitterにはブログに入りきらなかった写真や日常の小ネタなど載せています。

にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ

にほんブログ村