一時帰国中のネット環境準備

一時帰国中のネット環境準備

一時帰国中のネット環境はどうする?

 

一時帰国したら、家族や友人と連絡を取ったり、各種手続きのために調べものをしたりしますよね。そんなときのインターネット環境はどうするか?

ホテルに宿泊するならほぼ無料Wi-Fiが通っているかと思いますが。私たちの場合、東北と関西、それぞれの実家へ行かなくてはいけません。しかしお互い実家にWi-Fiはない(´・ω・`)

それに日本では主人と別行動をしたい。一人でお買い物とか美容室とか行きたいのです!

日本での私は…自由だァァ!!!

 

というわけで、主人と私それぞれ個別にネット環境を準備することにしました。

 

主人のスマホは会社から支給されたスマホ。メキシコで手配してもらった物らしいですが、技適マークが見あたらなかったので日本で使うと違法になります。ただし最近日本では外国人旅行者が多いため、技適マークのないスマホでも基準を満たせば入国から90日までならWi-Fi利用が許可されています。

(実際のところ、スマホの技適違反で摘発された事例はないらしいですが…)

 

一方、私が使っているスマホは日本のAppleストアで購入したSIMフリースマホ。もちろん技適マーク入りなので選択肢はわりとなんでもアリです。

 

 

よって、

 

主人 → モバイルWi-Fiレンタルを使う

私  → プリペイドSIMカードを使う

 

 

ということにしました。こうすれば私は主人と一緒に行動しているときはWi-Fi使えますしね(・∀・)ニヤニヤ

 

 

モバイルWi-Fiレンタル

 

今まで引っ越ししたときや母が入院したときなどにモバイルWi-Fiの手配をしたことはありますが、年々選択肢が多くなっているなーというかんじがします。久しぶりに探してみたら機種が多すぎてもう何が何だか…(;’∀’)

メインユーザーはうちの主人になりますが、彼はかなりネットを使うことが予想されましたので

 

・下りスピードが早い

・容量無制限

 

の2点を重視して探すことにしまして、選んだのはSoftbank回線の303ZT(下り最大187.5Mbps)

成田空港受け取りにしたので、日本に着いたらすぐネット環境が利用できます。家族や友人に「日本着いたよ~」ってすぐ連絡できますね。

 

モバイルWi-Fiレンタルを申し込んだ後に分かったことですが、主人は「長期間PCを開かないとメールBOXがパンクする!」という理由で会社のPC持参で帰国することに決めたみたいなので、容量無制限にしておいてよかったなと思いました。

 

また、端末が破損・故障・紛失したとき端末代金を補填してくれる保障サービスも付けました。うちの主人、自宅のモバイルWi-Fi持って外出したとき速攻で落として端末の表面を欠けさせたという前科がありますからね。。。そのときは幸いにも故障はしなかったですが。

他にも定期券紛失したり、2度目のデートのときあやうくICカードを電車内に忘れそうになったり(←なぜか私が気付いた)ドジっ子っぷりが半端ないので色々不安なのです(´・ω・`)

 

ちなみにモバイルWi-Fiレンタルを探すときは、価格.comを経由したほうが、より価格が安い価格.com限定プランを利用できることが多いみたいです。

 

 

プリペイドSIMカード

 

私は日本にいる頃、毎日通勤中にスマホでネットしてましたが(ニュース記事見たり、WEBページ見たり)1カ月の容量は大体3GBくらいでおさまっていました。ただ、久しぶりに会った友人と写真を撮ってそれを送りあったりすることも予想できたので、余裕をもって5GBあれば十分かなと判断。

こちらも選択肢がありすぎてほんとどれが良いか分からなかったのですが、b-mobileのVISITOR SIM(21日間5GB利用可)にしました。

 

プリペイドSIMカードは成田空港でたくさん販売されているそうですが、空港で購入すると割高という話を聞いたのでヨドバシカメラで購入することに決めました。

ヨドバシカメラは店舗面積が広くて目的の商品を探すのは大変!そのため、日本にいるときもよく使っていた、ネットで注文して店舗で受け取りするサービスを利用しました。買いたいものが既に決まっているのなら、あのひろーいひろーいお店の中で商品を探す手間が省けるのは便利です。

 

 

我が家の場合はこんなかんじで一時帰国時に利用するネット環境を準備しました。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ
にほんブログ村